電力を考える。

東北大震災、それに続く福島第一原子力発電所での事故
これによって、電力問題、ひいては日本のエネルギー問題が大きく注目されました。
現在電気は、火力発電により90%近くが供給されています。
原発事故後、原子力発電は大飯原発のみとなりました。
これはかなり逼迫した状況であると言わざる負えません。
火力は大量の二酸化炭素を出します。
この二酸化炭素は京都議定書などで排出量が制限されていまして、もしその上限をオーバーしたなら、上限を下回っているような発展途上国に多額のお金でCO2排出量分を買い取ってもらわないといけないからです。
こんな馬鹿な話がありますか?
ということで、最近注目されているのが、風力発電や太陽光発電、さらには地熱発電などの自然エネルギー発電です。
風力発電は、海辺などでも見かけることができます。
私の住まいの近くの海岸でも大きな風車が回っています。
これは、メンテナンスが結構大変で、何しろあの大きな鉄塔の上にある発電機が常時高速で回っているので、磨耗が激しいのです。
こういう機械的部品の耐久性っていうのは、結構あいまいにされていて、実際風力発電もこのメンテナンス費用を含めると莫大な維持費が必要だと言われています。
太陽光発電は、各家庭の屋根でできるのが最大の特徴です。
初期費用が高くても、晴れてさえいれば、勝手に発電してくれ、余った分は電力会社に売ることもできるのです。
最近この太陽光発電が見直され、日本の電機メーカーも開発を加速させています。
発電量も今後増えていくでしょうし、そうなれば風力と比べても普及率は断然期待できるでしょう。