設備を導入すると助成金が支給されます

岐阜市が取り組んでるのは、住宅用太陽光発電システム設置整備事業補助金制度です。
これは、前年度と同様に、平成24年度も行われてます。
民生家庭部門の地球温暖化対策で、住宅の省エネ化を図る意図で、太陽光発電の普及を推し進めてるんです。
事業の概要ですが、市内の住宅へ居住してる人、店舗や事務所などの兼用住宅などをも含め、太陽光発電設備を導入した人が対象となってます。
そして、建売住宅を購入した場合でも、太陽光発電を備えた住宅であれば、補助の対象になるんです。
しかしいずれも、電力会社と電灯契約・太陽光契約をしてなければいけません。
それから、以上の条件を満たしていて、国採択事業者からの補助金額確定通知を、補助金申請期間内の1年以内に、申請しないといけないようになってます。
また、補助金額ですが、太陽光発電設備の1kWあたり2万円でして、3kW・6万円が上限になってるんです。
公称最大出力の、小数点以下2桁未満を切り捨てた容量へ、2万円をかけて出た数字が補助金額となるので、注意が必要です。
次に、申請方法ですが、必要な書類をそろえて、市の受付窓口へ提出しなければなりません。
必要書類は、申請時チェックシート・補助金交付申請書の様式第1号が、市のホームページからダウンロード出来て、記載例も同じくダウンロード出来ます。
尚、補助金の申請をする者と、設備が設置された住宅の所有者が違う場合は、承諾書が必要です。
詳しくは、自治体へ問い合わせて下さい。