設置までのおおまかな流れ

岐阜にお住まいの方が太陽光発電を自宅に設置するときには、どのような流れで行われるのでしょうか。
おおまかな流れについて時系列で見て行きたいと思います。
まず、太陽光発電を設置したいと思ったら業者に見積りを出してみましょう。
このとき、1つの業者だけでなく、複数の業者へ見積もりを依頼することが大切です。
ネットには無料の一括見積りサービスがあるので、そういったものを利用すると手間や時間を省けて便利です。
複数の業者に見積りを出してもらうことで設置費用の相場が分かりますし、設置した時の発電量がある程度正確に分かります。
見積りに納得できる業者が見つかったら、今度は実地調査を依頼してみましょう。
紙面上の見積りでは分かりにくい部分もありますが、実地調査を行うことで住宅の環境がよく分かるので、設置費用や発電量をより正確に算出することができるようになります。
太陽光発電では発電した電力を売却することができるので、発電量を正確に算出することはとても重要なことです。
もし発電量の見積りを見誤ってしまうと、設置費用を回収するまでの期間が延びてしまったり、場合によっては回収することが不可能になってしまったりします。
設置のためにローンを利用した場合には返済計画に影響が出てしまうかもしれません。
実地調査の結果に満足できたならば、実際に設置するための工事に取り掛かります。
工事内容は基本的なものだけなら1日か2日で終ります。
このとき、補助金の申請を忘れずに行いましょう。
多くの場合は業者が代行してくれますが、そうでない場合もあるので確認は忘れずに。