岐阜で太陽光発電設備を入れよう

気象庁のサイトによると岐阜市では年間日照時間が最近6年で2100時間を超えるのが4回、残りの2回も2000時間を超えているので太陽光発電設備を導入するには大変有利な立地と言えます。
太陽光発電設備を導入するときのメリットデメリットを勘案するとメリットの方が多いのでマイホームのある人は導入することをお勧めします。
たとえばデメリットの一つである初期投資の費用がたいへんということについては、固定価格買取制度で売電収入が見込めることや、家をオール電化にすることでガス契約を解除できることでの光熱費の削減分で相殺が可能です。
ローンを返し終えたら収入になりますし、設備は大事に使えば20年以上は使えるので、発電した電気を比較的高値で買い取ってくれる今のうちに設備を入れてしまうのがいいと思います。
他のデメリットというよりもむしろ、心配事ですが設備を導入してから10年くらいたったら修理用の部品が生産中止になったり、工事を請け負った会社が倒産したりしてメンテナンスが受けられなくなるのではないかという点については、大手の会社で汎用的な部品を使っているところを業者として選ぶことで解決できます。
電力会社との売電契約が原発再開後、反古にされるかもしれないとか、何年か先に技術が革新されて、今よりももっと安い値段で設備が入れられるかもしれないとかは心配しても仕方のない話です。
岐阜で太陽光設備をいったいいつ導入するの。
それは今でしょう。
ぜひ決断してください。