節電の気持ちが高まったこと

太陽光発電を導入して良かったことはいろいろあると思います。
一番良かったのは、
太陽光発電で売電できていると思うと自然と節電しようという気持ちになったことです。
そんなに頑張って売電しようと思っていたわけではなかったのですが、
売電できていると売電メーターがまわっています。
それを見ると太陽光パネルが頑張って電気を作っているのに、
それを自分たちで使ってしまうのはもったいないという気分になります。
いままで好きなように電気を使っていた家族も、
必要ない電気はこまめに消すようになりました。
みんな売電メーターを何気なく見ているようです。
それで買電メーターではなく売電メーターがまわっていると満足するみたいです。
いままでどんなに必要ない電気は消すようにといっても聞いてくれなかった父も、
率先して電気を消すようになりました。
家族揃って節電に励むようになれたのは、
太陽光発電を導入したおかげだと思います。
思いがけない太陽光発電の効用でした。