太陽光発電を導入する際に気をつけておくこと

太陽光発電を導入すると補助金を受け取れる、という話はよく聞くと思います。
この補助金は、国が出すのとは別に地方自治体が独自に出しているものもあります。
これはどちらか一方を選ぶというのではなく、重複してもらえるものです。
地方によってはかなり助かると思いますので、導入前はよく調べておくといいでしょう。
また、この補助金に関する手続きは普通は代理店が行なってくれるのですが、手数料もとられます。
時間があり、仕組みを完全に理解しているという自信があれば自分で手続きをするという手もあります。
太陽光発電で一番の懸念は、やはりじゅうぶんな日照量があるかどうかです。
太陽光発電は元がとれるという話も、きっちりと太陽が当たればという前提があります。
地域や立地条件によって日照量は違ってきます。
近くにビルがある場合は不利でしょうし、屋根の角度や面積によっても違ってきます。
悪質な代理店であれば調子のいいことをふきこんで工事させようとするでしょう。
そうなったら大損する可能性もあります。
事前にきっちりと調査をし、どのくらいの発電見込みがあるのかをきちんと説明する業者を選ぶべきです。
見積りは複数とることをおすすめします。
発電見込量が複数の見積りで似通っていれば、信用できる数値である確率は高まります。
パネルに関しては発電効率という言葉に惑わされないようにしましょう。
少々効率が劣っていても、そのぶんを設置面積の広さでまかなえれば問題はありません。
重要なのはシステム全体の発電量ですので、金額を発電量で割った数字が重要です。